しっかりケア方法を学んでおこう

無駄に動かさないように心がけよう

手術を受けた後にアフターケアをしないと、傷口が開いてしまうことがあります。
また痛みが大きくなることも考えられるので、しっかりとケアをしてください。
身体の気になっていた部分を手術で改善できたら、それだけで嬉しくなってケアのことを忘れてしまう人がいます。
ですが、ケアを確実に済ませておかないといけないので、前もって医師に聞いておきましょう。
安静にすることが最も良いケアになります。
手術を受けて、身体は体力が低下している状態です。
それなのに無理に動くと、体力を消耗して、傷口を治せなくなります。

またテーピングコルセットを巻いて、補強するケア方法もあります。
黙っていても動いてしまう部分の場合は、テーピングなどで補強することで刺激が与えられることを防げます。
手術を受けた部分によって、テーピングやコルセットを巻けないこともあるので、自分が手術を受けた部分は大丈夫なのか医師に相談してください。
正しいテーピングやコルセットの巻き方も聞いておきましょう。

手術を受けた部分を、清潔にするのも大事なケアです。
傷口からバイ菌が侵入すると、大きな痛みを感じるなどの異常が起こります。
免疫力が低下している状態なので、バイ菌が侵入しても退治することが難しいです。
汚くしていると、手術の傷跡がずっと残ってしまうリスクが高くなります。
毎日丁寧に洗っていれば、不衛生になることはありません。
お風呂に入って、患部をよく洗ってください。

アフターケアが必要になる

手術を受けた後は、激しい運動は控えるように医師から言われるはずです。 運動したことで、傷口が開いたり痛みを感じたりするからです。 整形手術を受けたあとは、傷口が治るまで大人しくすることがケアに繋がります。 無理に動くと、傷口が開いて大変なことになります。

清潔な状態を維持しよう

手術をしたあとは、患部を水に濡らすことに抵抗を感じている人が多いです。 ですからお風呂でも、簡単に洗うだけで済ませている人がいるのではないでしょうか。 ですがそれでは、傷口にバイ菌が付着したままになってしまいます。 きちんと洗うことがケアになります。

傷口の治りを早くする方法

早く傷口を治したい場合は、薬を塗る方法がおすすめされています。 医師に相談すれば、薬を処方してくれるのでケアに使ってください。 ドラッグストアに行っても、傷口の直りを早める薬を購入できるので探しに行きましょう。 どんな薬でも、正しい使い方をすることが重要です。

おすすめリンク

≫ TOPへもどる