痛みが心配!整形手術後のケアはどうなる?

しっかりケア方法を学んでおこう

>

清潔な状態を維持しよう

清潔にしておけば良い

整形手術の傷跡を綺麗に治したいと思っている場合は、患部を洗ってケアすることが重要です。
タオルで擦ると、傷口が広がりそうで洗うことに抵抗を感じる人がいます。
ですがタオルで軽く擦ったぐらいでは、傷口に影響はないので安心してください。
むしろ洗わないで、バイ菌を放置しておくことの方が問題です。

強くタオルで擦ると痛みを感じるので、優しく洗ってください。
バイ菌は、汚い環境を好んでいます。
患部を汚い状態にしていると、すぐにバイ菌が繁殖します。
バイ菌がたくさん体内に侵入することで、大きな痛みを感じることがあるので気をつけてください。
患部を洗うことは、自宅で簡単にできるケアです。
仕事で遅く帰宅しても、きちんと洗ってください。

どんなことが起こるのか

傷口にバイ菌が侵入することで、炎症を起こす可能性があります。
その際はすぐ病院へ行って処置をしてもらわないといけません。
処置が遅れると、一生汚い傷が身体に残ってしまいます。
また病気になってしまうこともあるので、手術をしたあとは清潔な環境にすることは重要です。
炎症が起こったら痛みを伴いますし、自分ではどうすることもできません。

また、いつ炎症が起こるか分かりません。
病院がやっていない時に炎症を起こすと、診察する時間まで待つ必要があります。
そうしている間にバイ菌はどんどん繁殖して、炎症が悪化します。
最初から炎症が起こらないよう、真面目にケアしてください。
プレッシャーに感じるかもしれませんが、洗うだけなので簡単です。


このコラムをシェアする

≫ TOPへもどる